コース10矢田峠と熊野古道

?>

和歌山市エリア, 史跡

岩橋千塚古墳群

矢田峠東の岩橋山塊には6世紀代、天王塚古墳をはじめ豊富な埴輪群をもつ大日山35号古墳など丘陵頂部に主軸長100m弱の前方後円墳が築造されました。これらの大型古墳の被葬者を支えた有力家族たちも6世紀代、円墳を中心に4基前後の古墳を密に築造し全国でも最大級の古墳群を形成しました。その多くは岩橋式と呼ばれる横穴石室を構築しました。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ