コース1真土山を越えて

?>

その他, 万葉故地

真土山

真土山ゆふ越え行きて廬前いほさき角太すみだ河原にひとりかも寝む

(巻三、二九八)

 

あさもよし紀人ともしも真土山まつちやま行き来と見らむ紀人羨しも

(巻一、五五)

 

あさもよし伊へ行く君が真土山越ゆらむ今日そ雨な降りそね
神龜元年甲子きのえねの冬十月に、紀伊国にいでます時に、 従駕おほみともの人に贈らむために娘子をとめあとらへらえて笠朝臣金村かさのあそみかなむらの作る歌一首

(巻九、一六八〇)

 

大君おほきみの 行幸みゆきのまにま もののふの  十伴そともと 出でて行きし うつくつまは 天飛あまと ぶや かるみちより 玉だすき 畝傍うねびを見つつ  あさもよし 紀伊道きぢに入り立ち 真土山 越ゆらむ君は  黄葉もみちばの 散り飛ぶ見つつ にきびにし 我は思はず 草枕 旅をよろしと 思ひつつ 君はあるらむと あそそには かつは知れども しかすがに  もだもえあらねば 我が背子せこが  行きのまにまに 追はむとは たび思へど 手弱女たわやめの我が身 にしあれば 道守みちもりの 問はむ答へを 言ひやらむ すべを知らにと 立ちてつまづく

(巻四、五四三)

 

おくて恋ひつつあらずは 伊の国の妹背いもせの山にあらましものを   

(巻四、五四四)

 

わが背子せこあと 踏み求め追ひ行かば紀伊の関守せきもりい留めてむかも

(巻四、五四五)

 

石上いそのかみ 布留ふるみことは  弱女たわやめの まとひにりて 馬じもの 縄取り付け  鹿ししじもの 弓矢かくみて 大君の みことかしこみ  天離あまざかる 夷辺ひなへまかる  古衣ふるごろも 真土山より 帰り来ぬかも

(巻六、一〇一九)

 

白たへににほふ真土の山川やまがはに我が馬なづむ家恋ふらしも

(巻七、一一九二)

つるばみきぬと解き洗ひまつち山 もとつ人にはなほ及かずけり

(巻十二、三〇〇九)

いで我がこま早く行きこそ真土山待つらむいもを行きてはや見む

(巻十二、三一五四)

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ