コース3紀伊国分寺跡を目指して

?>

岩出市エリア, 見どころ

西国分塔跡

塔跡周辺の発掘調査からこの寺院跡は法隆寺式伽藍配置をもつ7世紀中頃創建の古代寺院と考えられ、全体を西国分廃寺跡と呼んでいます。8世紀、紀伊国分寺(僧寺)が興福寺式軒瓦を採用して建立されると西国分廃寺でも興福寺式軒瓦を用いて塔の再整備が行われており、聖武天皇の仏教政策とも関わりをもった有力な寺院であったと考えられます。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ