コース3紀伊国分寺跡を目指して

?>

紀の川市エリア, 見どころ

春林軒塾跡

華岡青洲(1760~1835)は現在の紀の川市平山に生まれ、藩医として勤め、その間に全身麻酔薬
「通仙散」を作り、文化元年(1804)に世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功しました。春林軒塾は発掘調査の結果、居宅兼治療の場であった主屋のほか、病棟・製薬場・講義用の建物を備えた本格的な医療施設であったことが分かり、遺構の配置に基づいて建物が復元されています。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ