コース1真土山を越えて

?>

橋本市エリア, 万葉故地

妻杜

橋本駅から奈良方面に向かい大和街道を歩いて5分ほどのところに、妻の社(つまのもり)があります。 小さな祠と大きな木があります。

紀伊国きのくにまず通はむ妻のもり 妻寄しこせね妻といひながら

一に云ふ、妻賜はにも妻といひながら

(大意)紀伊国に絶えず通って来よう。だから妻の社の神よ、私に妻を賜へ。妻という名をお持ちなのだから。

※大宝元年の紀伊国行幸の折の作です。「妻」という言葉を連ねて、言葉遊びを楽しみながらその土地への挨拶をした、旅での土地讃めの歌です。

(巻九、一六七九)

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ