アプリについて

  1. トップ
  2. アプリについて

いにしえの南海道をたどり、歴史と景観を楽しむウォークアプリ

南海道の経路に関する調査研究、現地踏査および歴史街道ウォークという3年間の活動成果をもとに、”南海道を歩く”アプリを作成しました。南海道そのものを歩くことは難しいですが、現在に継承されている部分も多いので、できるだけそのルートに近い道を歩くことで、どういう道か知ってもらい、体感することを目的として作成しています。

古に天皇が紀伊国へ行幸された道中を偲び、道筋で詠まれた万葉の歌の景観をイメージし、今に残る文化財を訪ねることができます。歴史と文化と自然が楽しめる、今までにない新しい感覚のウォークコースが満載です!

ウォークマップではコース周辺の見どころスポットやお楽しみスポットを掲載し、写真付きの説明もあります。さらに見どころの補足解説や、当該地域の文化的意味合いの説明のページも用意しています。

紹介している13のウォークコースは、鉄道の駅を起点・終点に歩くことを原則として作成しています。鉄道の便が使えない場合はバス等の公共交通機関の利用としています。日帰りで歩けるように、歩行距離は10~15㎞程度となるように設定しています。またウォーク計画の助けとなるよう、通過地点での距離、標準歩行時間も記しています。
※標準歩行時間は、時速3kmの歩行を標準として算出しています。目安としてご利用下さい。
※この地図には、推定南海道と当時存在した寺社・遺跡を掲載しています。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ