コース4白鳳寺院跡を訪ねる

  1. トップ
  2. コース
  3. 04_白鳳寺院跡を訪ねる

壬申の乱(672)の後、天武・持統天皇の治世(白鳳時代)には地方の豪族によって多くの寺院が建立されました。南海道が建設された頃には紀伊国にも多くの寺院がありました。南海道を踏襲した直線指向の道を歩き、沿線の寺社および寺院跡を訪ねます。

34.271497, 135.349302
34.262087, 135.232378
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_04_14n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_04_15n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_04_16n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_04_17n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course04_1947.png
34.33733085282302,135.39543756320802
34.210656116102925,135.20043023898927

ピンク色の線が南海道赤色の線がウォークコースとなります。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ