コース8鍋谷峠・槇尾山

  1. トップ
  2. コース
  3. 08_鍋谷峠・槇尾山

大化の改新後に発布された詔では畿内の南限は兄(背)山にありました。当時の都、難波京から鍋谷峠を越える道は背山に通じています。JR笠田駅からバスで四郷バス停まで移動、鍋谷峠を越えて父鬼バス停までの南海道(国道480号)を歩きます。
また、修験者・巡礼の道である槇尾山施福寺に至る尾根沿いの道を別コースとして紹介しています。

34.403665, 135.511669
34.310276, 135.460154
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_08_14n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_08_15n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_08_16n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_08_17n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course08_1947.png
34.47497849249537,135.5821073295166
34.273788171243176,135.3582608939697

ピンク色の線が南海道赤色の線がウォークコースとなります。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ