コース9雄ノ山峠から布施屋へ

  1. トップ
  2. コース
  3. 09_雄ノ山峠から布施屋へ

雄ノ山峠の道は平安時代後期の南海道であったとされています。熊野詣の道、あるいは紀州街道と呼ばれる道とほぼ重なります。ウォークは、JR山中渓駅から今では熊野古道とされる道を王子跡などの古代、近世の歴史スポットを巡りつつ、紀の川まで出て、JR布施屋駅まで歩きます。

34.341671, 135.301843
34.236950, 135.230391
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_09_14n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_09_15n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_09_16n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_09_17n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course09_1947.png
34.40815759158489,135.37748696818846
34.18124889712594,135.12411477580565

ピンク色の線が南海道赤色の線がウォークコースとなります。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ