コース13和歌浦・雑賀崎

  1. トップ
  2. コース
  3. 13_和歌浦・雑賀崎

万葉の時代、南海道を経て紀伊国に行幸した天皇たちは、和歌浦の景観に感動し、そのすばらしさを多くの歌に詠みました。山部赤人等宮廷歌人による和歌浦・玉津島を讃える歌も多く残されています。コースは市内西浜地区までバスを利用(長路バス停)、そこから雑賀崎へ向かい、風景を楽しみながら紀三井寺まで歩きます。

34.263824, 135.199419
34.182566, 135.126024
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_13_14n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_13_15n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_13_16n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course_13_17n.png
https://kinokawa-ryuiki.com/cms/wp_nankaido/wp-content/uploads/course13_1947.png
34.214950291927174,135.22386201694326
34.15999672869566,135.1083339102538
34.219847514599664,135.15845903232423

ピンク色の線が南海道赤色の線がウォークコースとなります。

 平成29・30年度文化庁文化芸術振興費補助金

ページの先頭へ